自分の武勇伝を話して盛り上がろうと考えていたのですが、何だか白けた空気が流れてしまったのです。
自分は地方に出張に行った時に、地元で生活している素人の女性とセックスを楽しんでいると考えていたのです。
風俗では味わうことができない素人女性の味、それをLINE掲示板を使って見つけてはパコパコやっていたつもりでした。
しかし、同僚は「それは素人ではない」と言い始めたのです。
いったいなにを根拠にしているんだって感じでした。
「素人じゃないって、それはどういうことなのよ?」
「だから言葉そのもので、相手は素人の女じゃないって意味」
ますます頭の中が混乱状態に陥ってしまったのです。
「掲示板を使っているんだよな、それですぐ返事が来て即会いになるわけだろう。
そいつらが皆んな反応しないで30分で終わっちゃう、これで2万円っておかしいと思わないのか?」
彼に言われて突然気が付いたのでした。
確かに皆んな一律に同じような態度、しかも時間も同じくらい、そんな女性たちは割り切りだからこのような形なのかと考えていたのです。
しかし言われてみれは、確かに不自然極まりないことでした。
今更ながらにしてそのことに気がつかされてしまったのです。
「それさ、援デリ業者だよ」
「援デリ?業者?」

初めて聞く言葉だったので、理解不能だったのです。
援デリっていったいなんなの?って感じでした。
「そういうの知らないで、ネットで出会い探していたのか?
これってさ、掲示板使って客引きして女を派遣している奴なんだよ。
つまりプロって感じ」
彼にこのような説明を受けて、目の前が真っ暗になってしまった感じでした。
自分は素人の女性のオマンコで気持ちよくなっていたと思っていましたが、あれは業者だったと言うのですからね。
正直そんな存在はまったく知らなかったのです。